困ってしまう中華そば

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 猫背になるということ

猫背になるということ

健康な方の背中には、肩甲骨の丸い模様が左右同じように出ていましたが、喘息の方の模様を見てみますと、背中の模様が右側に寄っていて、胸の部分から肩にかけて身体のねじれ込みがあることを示しています。

また、肩甲骨の模様があまり出ていなくて、肩甲骨よりも真ん中で、背中の中心に模様

が集中しています。

これは猫背であることを示しています。

また、臀部のところの模様を見ると、健康な方の場合では、模様が左右対称であったの

に対して、喘息の方の臀部の模様は、左右違っていて身体の土台である骨盤に傾斜があ

り、また、ねじれ込みがあることを示しています。

このように、モアレ写真を見ることで、猫背であること、特に肩から首にかけてねじれ

込んでいるということがわかると思います。

このように気道の通る首から胸にかけての傾斜やねじれ込み、猫背になるということが、気道を狭くし、炎症が起こりやすく、喘息になりやすいという体質です。

気道の傾斜やねじれ込み、猫背になるなど、そのような状態を出来るだけ少なくし、

川井式喘息改善エクササイズの効果で気道を通りやすくすることと、そして適切な正しい呼吸法をトレーニングすることで、喘息は本質的に改善されていくのです。